ハイドロキノン乳首

ハイドロキノンで乳首とデリケートゾーンを美白する

ハイドロキノン乳首とデリケートゾーンについて

ハイドロキノン乳首とデリケートゾーンについて

シミやソバカスだけでなく、デリケートゾーン(ビキニライン)やバストトップ(乳首)の黒ずみなどが気になっている女子力をアップさせたい女性にぜひ見て欲しいのが、強力なハイドロキノンの美白漂白効果です。

 

よく楽天市場などのネット通販やブログなどで、バストトップ(乳首)の色をピンクにするという化粧品を見かけますが、価格が高い上に、効果もありません。

 

元々化粧品や医薬部外品に配合していい成分の分量が決っているために、その程度のものでは、症状が改善されることはごく稀になるのです。

美容クリニックに行かないと美白できないの?

美容クリニックに行かないと美白できないの?

 

では、美容クリニックや美容皮膚科にいって治療薬を処方して貰わないと改善されないのでしょうか。

 

基本的には、美容クリニックや美容皮膚科にいって診察後に処方して貰うのが一番ですが、その場合、経験上では美白にはハイドロキノンとトレチノインでの乳頭や乳輪黒ずみの美白治療方法を薦められます。

 

美容クリニックでハイドロキノンとトレチノインの治療薬を処方してもらうと数gずつで保険適用外になりますので、費用は3〜5万円前後とかなり高額になってしまいます。

 

これでは続けられないという方も多いのでは無いでしょうか。

 

しかし海外個人輸入の通販サイトを使うと、ハイドロキノン2〜4%が20gで1,400円前後、更にトレチノイン0.1%が25gで2,000円前後と、美容クリニックと比較すると信じられないくらいの値段で購入できてしまいます。

ハイドロキノンとトレチノインを併用する治療法

ハイドロキノンとトレチノインを併用する治療法

 

一般的に乳輪やデリケートゾーン(ビキニライン)の黒ずみはメラニン色素が原因ですので、メラニン色素を漂白するハイドロキノンとトレチノインを併用することで美白の相乗効果が高まり、黒ずみが薄くなっていきます。

 

ハイドロキノンは、同じく美白成分のビタミンC誘導体(アスコルビン酸)やアルブチン、コウジ酸の約10〜100倍の効果があると実証されている、強力な美白成分です。

 

高濃度(5%以上)のハイドロキノンは効果も高くなりますが、副作用のリスクがあります。

 

日本人の肌ですとハイドロキノン5%までは殆どリスクなく使用出来ると言われていますので、ハイドロキノンをはじめて使用する際には2〜4%の濃度を選ぶと良いでしょう。

 

ハイドロキノンは、肌に浸透しにくいのが欠点ですが、トレチノインと併用することで、浸透力も高まります。

トレチノインの効果と美白力

トレチノインの効果と美白力

 

トレチノインは、美白だけでなくニキビ、シミ、シワに強力な効果があります。皮膚や肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進しシミを角質層から除去、更には肌にふっくらとハリを与えてシワやたるみの改善効果もある優れた治療用の成分になります。

 

トレチノインの注意点として一応、妊娠中の方は使用しないでください。

 

トレチノインの内服薬は催奇性のリスクが若干あるようですが、外用薬は心配ないそうです。ですが一応、妊娠中の方の使用は控えたほうがいいでしょう。

 

女性にとって、ダイエットでスリムになりたいと思うのと同じように、バストトップ(乳首)やデリケートゾーン(ビキニライン)の黒ずみは改善したいテーマです。

 

黒ずみを美白治療をするためにハイドロキノンとトレチノインを購入するなら信頼できる海外個人輸入の格安通販サイト「オオサカ堂」がオススメです。

 

あなたもトレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬を使用して、長年悩み続けてきた乳首の黒ずみを薄くする美白治療をしてみませんか?

ユークロマクリーム最安値の詳細はこちらから

スティーバA最安値の詳細はこちらから

オオサカ堂の売れ筋ランキング【リアルタイム更新】

※トレチノインジェルの購入はしないでください!使用してみると分かりますが「臭い」「使用感」「効果」ともに納得がいきません。トレチノインは迷うこと無く「スティーバA」を強くオススメします。日本の美容整形外科で処方されるものに最も近いのが「スティーバA」です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ハイドロキノン ユークロマクリーム スティーバA